なごやのおいしいを決めよう。I LOVE なごやめし

なごやめしは地域が誇る食文化

愛知・名古屋特有の郷土食「なごやめし」。庶民が日頃から慣れ親しんでいる真のご当地グルメの数々は、 ここにしかない貴重な地域の食文化だ!

教えてくれる人 大竹敏之さん

なごやめしを愛する名古屋在住のフリーライター。著書に『名古屋の喫茶店』など。なごやめし普及促進協議会ではアドバイザーを務める。
うんちくから本当においしいお店のガイドまで。学べて使える大竹さんのなごやめし取材の集大成。
『名古屋めし』(リベラル社・1400 円+税)

県外からの観光客も注目のなごやめし

名古屋城よりも熱田神宮よりも、名古屋を訪れたらなごやめしを食べたい! 名古屋市が行った観光客・宿泊客動向調査(平成26年度)で、なごやめしの認知度は56.5%と堂々トップ。熱田神宮44.6%、東山動植物園41.7%、史跡や遺産40.7%、栄35.9%といった主要観光地をしのぎ、満足の評価も68.6%とダントツ。実際に経験した(食べた)、訪問・経験意向(目的にした)の項目でも1位。なごやめしはまぎれもなく名古屋随一の観光資源となっている。

「なごやめし」の呼び方はいつから?

「なごやめし」という言葉の発祥は実ははっきりしている。産みの親は名古屋の外食企業Zettonの稲本健一社長。平成13 年に東京1 号店を出店した際、看板メニューにしたのが味噌串かつや石焼ひつまぶしなど名古屋の郷土料理だった。取材に来た東京のマスコミがこれらをひと言で言い表せないかと思案。イタめしをもじった「ナゴめし」という案も出たが、稲本氏の「もっと分かりやすく『なごやめし』にしよう」のひと言でこの名が誕生した。

「名古屋市だけではなく広域のグルメです」

「なごやめし」は決して名古屋市の料理に限って使われる言葉ではない。愛知、さらに東海地域にまでおよぶ広域のご当地料理を指す。なごやめしの分布エリアは〝豆味噌文化圏〞とも言い換えられる。大豆と塩だけを原料とする豆味噌は生産も消費も東海地方に限定される。豆味噌の特徴は長期熟成でうまみが濃いこと。これを日々食してきた東海地域の人たちは必然的にうまみ志向となり、なごやめしはその好みに合わせて生まれたものと言える。
豆味噌こそがなごやめしの根幹をなす。最大の特徴“うまみ” は日本の食の特色でもある

「なごやめしって何があるの?」

バリエーション豊富なのがなごやめしの大きな特徴。左にある通り、麺類に御飯のおかず、菓子に喫茶メニュー、酒の肴にごちそう食材、和食に中華に洋食、伝統的な郷土食から特定の店の創作料理が広く普及したものまで…。これほどたくさん地域特有の料理が存在するのは、国内では他に沖縄くらいしかないのではないだろうか。本州のど真ん中にありながら全国の中でもとびきり個性的。気軽に食の異文化体験できるのもなごやめしの魅力なのだ。
名古屋コーチンやひつまぶし誕生の背景には愛知で古くから盛んな養鶏養鰻の産業がある

「菓子やサービス、独特の名古屋流も」

なごやめしは食事のメニューだけにとどまらない。ういろうや鬼饅頭、えびせんべいといった菓子類も含まれる。また喫茶店のモーニングは厳密には料理の種類ではなく主に朝の時間帯に提供されるサービスを指すが、この地域独特の食習慣がなごやめしとして認知されている。本来、名古屋限定ではないものの、名古屋流とも言える独自の進化を遂げたカレーうどん、特に好まれて食されているエビフライなども含まれる。

「なごやめしのイベントも多数実施」

近年はなごやめしをテーマにしたイベントも各所で開催されている。平成23年に始まった「なごやめし博覧会」は名古屋市内の約300店舗が参加し、専用チケットでお得に食事ができる食べ歩き型。このほかスタンプラリーや屋台型イベントも盛んに行われ人気を集めている。イベントでは従来からのメニューに加え、新しいなごやめしを創作して競い合う企画も多い。このグルメイベントから、次代のなごやめしが誕生する可能性も高い(?)。
毎秋開催の「なごやめし博覧会」。各店の創作メニューに投票する新なごやめし総選挙も
名古屋まつりなどの大規模なイベントでもなごやめしの話題が欠かせないほど注目度は高い
世界へ羽ばたく食文化の日本代表なごやめし

和食への注目度が高まる中、個性あふれる魅力で海外にもPRを図るなごやめし。 世界の人たちはどう味わったのか?

ミラノ万博で好評だったなごやめし

“食”をテーマに2015年に開催されたミラノ万博。中でも最も人気を集めた日本館で、8月4〜8日「あいち・なごやフェアinミラノ」が開かれ た。愛知県と名古屋市が共同出展し、エビ天ころきしめん、手羽先、天むす、赤だしなどをふるまった。実食した人たちの反応は「手羽先はイタリア料 理に似て慣れた味だ」「冷たいスープのアルデンテでない麺を食べるのは初めて。おいしい」と概ね好評。意外や(?)世界の人たちにも、なごやめし の魅力は好意的に受け入れられた。
外国人来場者にきしめんをふるまわれた

なごやめしを食べたイタリア人の反応ワークショップアンケートより

日頃から日本の食文化に関心を持っている参加者が多いこともあり、箸を器用に使いこなす人の姿も目立っていた
「今回の経験で日本が近くなった。行ってみたい」
60 代・女性
「手羽先は特にイタリア料理に似ているよ。とてもおいしい。慣れた味だ。日本館は楽しめた!」
30 代・男性
「とてもいい味です。赤だしの中身がとても気になった」
50 代・男性
「おいしい。冷たいスープ、アルデンテでない麺を食べるのは初めてでした。(えび天ころきしめん)」
20 代・男性
「(塩味がついていないご飯はイタリアでは珍しいので)塩気のないご飯がエビとマッチしていて私は好きです」
30 代・男性
「天むす、すごく美味しい!」
30 代・男性

「あいち・なごやフェアinミラノ」実施レポート

フェア来場者約5700 人!「なごやめし」のワークショップは大盛況!

愛知・名古屋の郷土料理を軸に伝統、産業、文化ならびに環境に対する取り組みをPR。「なごやめし」のワークショップは連日満員御礼の大盛況でした。

レセプションも活況!

現地のメディア関係者、旅行代理店関係者、レストラン経営者など多くのイタリア人で賑わいました。センターキッチン方式で調理のプロセスも楽しんでいただきました。

ステージイベントで日本の文化をPR

名古屋おもてなし武将隊などのステージも連日盛況で、イタリア最大手メディア「RAI」からも取材を受けました。最終日はイタリア来場者と勝どきで閉幕しました。
なごやめしは武将の街・愛知の食文化。「サムライキュイジーヌ」とも称し武将たちがPRに一役買った

上へ戻る